読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EXILE TRIBE ADDICT ブログ

EXILE TRIBE への思いを吐き出す場所。

ブログ「えぐ中!」EXILE TRIBE への思いを吐き出す場所。

HiGH&LOWシーズン2 第5話の復習

達也さんの死からムゲンは解散し、琥珀さんは消えた。

一方俺たちの説得によりノボルは山王の街へ帰ってきた。

だが…

俺たちはまたノボルという仲間を犠牲にした。

俺たち三人はガキの頃からの親友だった。

ノボルは弁護士になるため大学に進学。

ミホという恋人もできた。

だが、俺たちの日常は突然終わりを告げた。

ミホはサークル仲間に騙され、

ミホは自殺を図ったが、辛うじて一命を取り止めた。

犯人に復讐したノボルは逮捕された。

世の中に絶望したノボルに声を掛けたのは九龍グループの一つ、家村会だった。

追い詰められたノボルは俺たちに銃を向けた。

ノボルは家村会を抜けた。

HiGH&LOWシーズン1のおさらい

 

 

 

@ITOKAN

ヤマト:許せねぇ、コブラ、お前もわかってんだろ。ノボルをやったのは九龍の家村会だって。

コブラ:ノボルは死んだわけじゃねぇ。

ヤマト:死なせてたまるか。だからこそ俺たちで家村会をやるんだ。

コブラ:犯人捜しは俺らの仕事じゃねぇ。

バチバチ☆コブラvsヤマト(  `°罒°)ムキー

コブラ:次に血を流すのは誰だ。お前か。こいつらか。家村会と関わればまた誰かが犠牲になる。憎しみの連鎖はもうこれ以上…

チハル:コブラさん。俺たちってそんな弱い存在ですか?

ダン:やめとけ。

卵ワンパック78円でした♪( ´ ▽ ` )ノと、ニカが買い物から戻ってくる。

ヤマト:これじゃ九十九さんや死んだ達也さんときとおんなじで…

ナオミ:ヤマト!

ITOKANを出ていくヤマト。

ニカに店を任せてナオミはヤマトを追いかける。

テッツ:なんでこうなんだろ。

テッツ、チハル、ダンも店を出ていく。

 

@思い出の場所

ナオミ:お前は子どもか、ハゲ。と腕をたたく。

ヤマト:うっせーな。ブス。

ナオミ:ブスって言うな、ハゲ。

 (๑¯ω¯๑).+:。

ナオミ:昔よくここで兄貴に遊んでもらってたなぁ。

ヤマト:達也さんに?

ナオミ:私、女の友だち少なかったから。

ヤマト:お前、心にチ○コついてるもんな。

ナオミ:うるせーよ。

ヤマト:(笑)

ナオミ:兄貴、あっけなく死んじゃって、私…何も返せなかった。みんなで一緒に泣いて苦しんでくれて。私、一人じゃないんだなぁって。
兄貴は死んだ。
でも私たちが今向き合うのはそこじゃない。
コブラが言いたかったのはそういうことなんじゃないの?
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ さすがナオミ。いいお嫁さんになる♪

ノボルの容体は平行線だった。俺らはノボルのことが心配でたまらなくて、交代で病院に通った。

 

ヤマト、病院の帰り道

よ!

おう、かあちゃん…

どうだった?

なんも変わんねぇ。ノボルさぁ、眠っている間に夢とか見んのかな。

思う存分、眠らせてあげな。

すげぇ発想だな。

大学入って優秀で、でもそんなことちっとも鼻にかけないあんないい子がさ、きっと怖いものをたくさん見ちゃったんだと思う。その分休んでるのよ。
ヤマト…こういう時はね…ラーチャンよ…そうよ♪ ラーチャンよ!

 

@グレートチキン軒

ラーメンとチャーハンを大盛り食べるヤマトがかわいい(*´ェ`*)

 

やんちゃな輩が多い街だけどさ、良かったと思ってんの。

なにが?

この街であんたを生んだこと。
古臭くて、なんにもない街だけど、人情だけはある。

みんなどっか難癖あって、あれこれ抱えた人生歩んじゃってるけど、ちょっと外出たら痛いとこ笑い飛ばしくれる仲間がいて。好きなんだよねー。

かあちゃん…

山王育ちの子にも、そういう人情の血が流れてるって話よ。

かあちゃんっ。

なに?

ビール…

な、ねーやだーもう、ちょっと、なーに、これ!山ちゃーんっ?

語り過ぎて自分でついだビールどばどばwヤマトママ、かわいい(*´艸`*)

 

卑劣な手口で女たちを闇の世界へ売り飛ばす悪徳スカウト集団「DOUBT」 

高野(←ダンがWhite Rascalsの店でSDカードを渡そうとした坊主の人)下手打ちやがって…と仲間を殴る。

お金を放り捨てる平井:寂しい老人は話が早い。ちょっと相手してやって電球の一つでも変えてやりゃ、コロッと信じやがる。

高野:山王の近くは年寄りか。

平井:あそこは再開発で立ち退きの話が出てる。息子面して株の話でも持ち掛けりゃ、すぐだ。で、女を逃がしたって?

DOUBTに追い詰められた女の子。

あれ?この女の子って・・・( ・◇・)?

そこへバイクに乗った白い人たち登場。 

女の子をいじめちゃ、いーけなーいんだー、とおねえキャラのKIZZY。

KAITOは、無口なタイプ?

早く行きなさい、と助けてくれたKIZZY。

 

高野:あいつら、昔の仲間によくも…KIZZYとKAITOは俺たちDOUBTの構成員だ。あいつら二人揃ったら手に負えねぇ。あいつらが現れたってことは、あの男が動き出している。

 

男に傷つけられた女たちを守る集団、White Rascals。同じスカウト集団であるDOUBTとは敵対関係にある。

 

@病院

病室で眠り続けるノボルの手を握りしめる女の子。

コブラがお見舞いに来て慌てて帰る。

女の子を追いかける。

おい、ミホ。

離して。

みんな心配してる。今までどこに行ってたんだよ。

そんなことどうだっていいでしょ。ねぇ、ノボルの容体は?どうしてあんなことになっちゃったの?

すまない。

ノボルに何があったの?

 

@ITOKAN

チハル:そう言えば、なんでニカちゃんがITOKANにいるの?

ニカ:社会勉強させてもらってます。

テッツ:(๑•᎑•๑)

テッツを叩くチハルとナオミ。

テッツ:(・.・)  え!?

ニヤけるダン。

コブラが帰ってくる。

あ、どうだった?ノボル。

・・・ミホに会った。

ミホちゃん、今どこにいんの?

 

ノボルが逮捕されたあと、追い打ちをかけるように負の連鎖は続いた。

ミホの親父は、多額の借金を抱えていた。

借金返済のために、DOUBTの店で働いていたが、ノボルの事故を知り、DOUBTの元を飛び出した。

 

DOUBTか・・・最悪やな。

ミホちゃん、ひとりにしてたら危ないんじゃないの?

大丈夫だ、安全な場所にいる。

 ん?コブラの顔、どういう意味?気のせいだったらいいけど(´・・`)

  

一方そのころ、湾岸地区のMIGHTY WARRIORSは着実に勢力を伸ばしていた。

彼らはギャングたちから汚いお金を奪い、自らの資金源にしていた。

アイス:小せぇ仕事は終わりだ。一発で決めるでけぇ仕事をリーから受け取った。

パール:え?誰って?

アイス:李だ。

か、かっこいい(///ω///)♪

顔を見合わせるメンバー。

アイス:この家の持ち主だ。その話を受ければ前金でクラブが作れる。

まじか♪お~ぃ♪と喜ぶパール、9、バーニー。

セーラ:そいつ信用できんの?

アイス:あいつらにもメリットがある。カジノの建設とかな。明日、金額の交渉だ。俺らの夢を叶えるための大切な話し合いだ。一緒に来てくれよ。

セーラを誘うアイスがかっこいい♡~(>᎑<`๑)

 

さらにSWORD地区の利権を狙う家村会も不穏な動きを見せ始めていた。 

俺たちを取り巻く環境は、確実に変わり始めていた。

 

5話でかなり話が繋がってきた。

そろそろ、シーズン2が動き出しそうな予感。

ワクワク(*˘︶˘*).。.:*♡